スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

▼論戦コンボ ~人魚姫伝説~

論戦コンボ
~人魚姫伝説~

こんにちわ。
現在大海戦日程中です。今回は本気装備でしたので、
次回にでも大海戦で使用した船や色々書けたら良いなぁと思いつつ、
今回は論戦記事を少しでも伸ばしておきたいと思います。

今回は『人魚姫伝説』です。
『人魚姫伝説』
「マナティー」と「ジュゴン」の海洋生物コンボです。
人魚姫伝説といえばよく船乗りが見間違えたとかいう奴ですね。
その代表格がマナティーとジュゴンです。
人魚といえばこんな感じ。
人魚

美女で上半身が人間、下半身がお魚。
でもマナティーとジュゴンといえば・・・・・・
こんな↓のどう見間違えるんですかね。

ジュゴン
マナティー

さーてどっちがマナティーでどっちがジュゴンか分かるかなー?

姿、形は似てて見分けがつき難いですね。
正解の前に人魚姫伝説について書いていきたいと思います。

人魚姫伝説は実はどこが発祥なのか明確でありません。
有名なのはアンデルセンの「にんぎょひめ」ですが、欧州は西はスペインから北はイギリス、デンマーク、東はイタリア、中東の方にも伝説があります。遥かアジアでも中国では「海人魚」という形で人魚の伝説がありますし、日本でも八百比丘尼は人魚の肉を食べて永遠の命を得たという話があります。しかもこれらは大航海時代より1000年近く前だったりするものも。

アンデルセンの「にんぎょひめ」ではこんな感じです。

人魚姫が15歳になり人間の世界を見に行き、大きな船に出会います。
そこには美しい王子様が居て一目ぼれしてしまいます。
船が嵐に遭ってしまい、人魚姫は王子様を岸まで助けあげます。
そこに人間の娘が来てしまったので人魚姫は隠れると、
王子様の意識が戻り、人間の娘が助けたと王子様が勘違いしてしまいます。

人魚姫は人魚の世界に戻ったものの王子様が忘れられなく、
魔女に頼んで美しい声を引き換えに人間に変身できる薬を貰います。
また結婚できなければ体が泡になってしまう薬でした。
それでも人魚姫は王子様を想い薬を使って人間になり王子様に会いに行きました。

王子様は人魚姫を気に入るものの、
王子様は命の恩人と思い込んでいる娘と結婚することになりました。
妹を助けたい一心の姉達が王子様を殺し足に血を塗ることで人魚に戻れると助言するものの
王子様を殺せない人魚姫は海に身を投げ泡となりました。


という悲しい物語です。

ですが意外と世界には人魚が関連する話は怖いものが多いようです。
海に引きずりこまれたり、仕返しされたり。
海という存在自体が人間には恐いものですからね。

しかしマナティーとジュゴンを人魚と間違えるのは……
そんな伝説が一人歩きしたのを女っ気無い船の上で海の男達が妄想したのでしょうかね
マナティーやジュゴンの腰のラインが女性っぽくて~とか。

さてさて、正解です。

上がジュゴン

ジュゴン写真

下がマナティーです。
マナティー写真

見分け方ですが、
ジュゴンの尻尾はクジラ型、マナティーの尻尾はしゃもじ型!
です。

あとその他の違いとして、マナティーの方が体は大きいです。
またジュゴンは海水に生息しますが、マナティーは淡水が多いです。

DOLでバザーにペットが活躍しますが、人魚がペットとか欲しいですねぇ。
あ、マナティーとかジュゴンでもいいよ!

最後に。
『人魚姫伝説』は「マナティー」6点、「ジュゴン」4点、
コンボ+8点、計18点になります。

次回の論戦記事は『被食者と捕食者』を予定します。
スポンサーサイト
   18:48 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://gevetac.blog20.fc2.com/tb.php/67-0c3fbd05
☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆
プロフィール

セーラ・ウインタース

Author:セーラ・ウインタース
-Boreas鯖
-ネーデルランド国籍
-オールゼロ商会所属


FC2 Blog Ranking

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。